幻影異聞録#FE Encore 感想文

幻想異聞録#FE感想文 ゲーム感想文

WiiUで発売された#FEのリメイク作品らしいです。なお、筆者はWiiU版の方は未プレイ、今回初プレイです。

概要とか

パフォーマと呼ばれる人の心の力を求めるミラージュとそれに対抗する主人公イツキ君たちが所属する芸能事務所との戦いを描いたゲームです。

イツキ君を中心としたフォルトゥナ芸能事務所のメンバーが芸能を通じて成長していく様が描かれます。

戦闘については最近のペルソナシリーズに近いオーソドックスなコマンド選択型です。弱点を突いた際は、追加行動できるわけではなく、味方の追撃が発生するセッションと呼ばれるシステムが採用されています。

感想文

シナリオについて

各キャラに焦点を当てつつ進んでいくシナリオで、非常に王道な内容だったと思います。

特に各シナリオ敵に操られてしまった人々を見ていると、登場する芸能関係者の情熱の強さをうかがえます。

戦闘においても各キャラクターがサイドストーリーの進行に合わせて身に着けた技が増えていきます。少し例を挙げてみると、ライブ風の演出、ヒーローショーの悪役、などなど、各キャラクターのストーリーに沿った演出された技を繰り出ししとても賑やかかつ楽しい戦闘になっていました。なお、今回あげた技の例は比較的まともな方です。進めていくともっと”いい意味で”頭のおかしい技が増えていきます。特に、かわいいを追求したあの技はとてもかわいいので一見の価値ありです。

ゲームバランスみたいな

筆者は難易度ハードでプレイしましたが、戦闘のバランスはよい感じに整えられているように感じました。大体適正レベルか少し低いぐらいで進めていましたが、ボス戦においては、大体初見で一度全滅していました。正直想像以上の敵の火力や一部ボスでの無限に来る増援、突然の状態異常など、喰らった瞬間、なにそれ…ってなったり一瞬で全滅したりすることもそれなりに。しかし、一度敵の動きを見たうえで、メンバーを選択、補助技をどう使っていくか、などの対策を考えて動いてみると、次の戦いはぎりぎりの戦いの末勝利といったパターンが多く、初見は無理そうでも、よく考えて挑めばクリアできるほど良い難易度だったと思います。

なお、難易度設定はハード以外にもイージーノーマルと取り揃えられております。さらに、レベリング用ダンジョンのような存在もある(バランスに影響が出るため筆者は未使用でした。)ため、シナリオだけを楽しみたいという方もそちらを利用すればスムーズに遊べそうです。

ちなみに二週目にあるらしいルナは相当難しいらしいです(私はやってません)。

ちなみに、セーブはダンジョンの中でもどこでも可能なため、定期的にセーブして進めることで不意の全滅にも安心です。ただ、どこでもできると油断してセーブを忘れていると痛い目を見ることもあるので注意は必要です。ダンジョンからの脱出も容易で(アイテムや序盤から覚える技で脱出可能)、ダンジョン自体もチェックポイントがあり、そこまで一度到達すれば入り口からワープできるため、回復などのために外へ出てもすぐに復帰ができます。

戦闘時の演出について

戦闘は、最初こそ技が少なく地味に思えるかもしれませんが、シナリオや、サイドストーリーを進めていくとどんどん派手な技が増え、にぎやかになっていきます。ある意味で最初芸能人として素人が多かった主人公やPTメンバーが芸能界での成長に伴い、演出も派手になっていくかのようです。

ちょびっと気になったところ

ダンジョン攻略中に、サイドストーリーが発生したり、武器の作成などで戻ることがちらちらあり、ちょびっとテンポが悪い印象を受けました。いかなければいいだけという話ではありますが。特にサイドストーリーはインターミッション(章の間の期間)限定でもよかったのかなと思いました。武器もスキルの獲得などの関係で極力覚え次第更新したいため、たびたび戻ることになり、少しテンポが悪くなっていたように思えます。

全滅後ボス戦再選でのイベントスキップができない

ボスに敗北した場合、タイトルに戻されるため、即再戦闘はできません。ムービーのスキップはできますが、基本的にボス前は会話イベントが多いためそこのスキップができないのは気になりました。早送りはできますので、それなりに短くはなりますが、相手によっては何度も負けることもあったので、スキップが欲しかったように思います。

シナリオについて

各キャラクター一人一人に焦点を当てたシナリオがあり、とてもよかったですし、シナリオ的にもよくまとまっていると思いました。ただぜいたくを言うならばメインストーリーがもうちょい遠回りしてもよかったなという気がします。何が言いたいかというと、基本的に芸能に対する登場人物との関わりを押した話が中心だったため、彼らの日常的な話や、普段の行動の部分へ焦点を当てるようなシナリオが少なかったように思えます。要するにもっといろんな話を見たかったのじゃということで、要望的なあれですね。

マップが見にくい

おそらく元はWiiU用のモニター付きコントローラーを利用する前提であったためか、マップなどのUIが少し使いにくく感じました。マップ自体のつながりもわかりにくく迷うことが多かったです。また、サブイベントなどのNPC探しの際にマップにアイコンなどが表示されない(スタートのNPCはわかるが、そのイベント中に探すべきNPCなど)ため、人探しが結構大変でした。

FEは知っていた方がいい?

こちら補足ですが気になる方もいるかもしれないので一応。こちらのゲームはFE(ファイアーエムブレム)シリーズの派生作品として作られています。知っているとなるほどと頷けるようなネタが随所にあるようですがやった感じ、知らなくても問題はないように思われました。

筆者は、スマブラで名前を見たなとか、タイトルぐらいは知ってる程度の知識でしたが、シナリオは、本作だけで完結しており、問題なく楽しめました。ですので、FE知識は必要ではないがあるとより楽しめるといったところでしょうか。

まとめ

戦闘のテンポや難易度もよく、シナリオも各キャラクターを一人ずつ丁寧にえがいているようでよかったです。久しぶりのコマンド型のRPGでしたが、十分に楽しめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました