テイルズオブザレイズ 制作プロデューサーレター2020年5月 No39のメモ【TOTR】

Pレター20200 テイルズ

5月8日に追加されましたプロデューサーレター、2020年5月No39に関して気になったところをメモがてら残しておきます。内容的にはアンケートの結果発表および5月のアプデ内容が中心です。例の如く丸ごと書かずにざっぱに書いてますのでニュアンス等正確に伝わってない場合もありますがご注意をば。

アンケートの回答結果

現在のゲームに対する満足度

3万人を超えた回答があったらしいですが、グラフが小さくて見にくいので大雑把に順番だけ並べてみます

  1. 登場するキャラクターのラインナップ
  2. キャラクターのグラフィック、動きや演出
  3. キャラクター同士のかけあい
  4. 戦闘の演出表現
  5. オートプレイ既往
  6. キャラクターのカスタマイズ
  7. 戦闘、パーティ編成の操作やシステム
  8. キャラクターとのコミュニケーション
  9. ガチャで装備。魔鏡を獲得したときの演出
  10. 運営からのインフォメーション
  11. キャラクターや装備の強化
  12. メインシナリオやイベント、久遠の塔(長すぎてここから先は読めない)
  13. メインシナリオやイベントバトル満足度
  14. ゲームのわかりやすさ
  15. イベント形式の種類
  16. 一回のプレイ時間
  17. フレンド機能などのソーシャルゲーム要素
  18. フィールド探索
  19. 通信回数やロード時間

キャラクター関連が上位三位までを占めており、シナリオやキャラクターに対する満足度は上がっています。システム関連の不満が増えていくのでわかりやすさと遊びやすさを考え直していくそうです。

個人的な感想

フィールド探索、通信回数やロード時間などちょいめんどくさい要素が嫌われているのかも?

プレイ時間に対する満足度が低いのは、長すぎるのか、短すぎるのかどちらなのでしょうか。個人的には手軽に短い時間で毎日ちょこっと遊んですんでいるのがよかったので、長すぎるって不満なのかなと思いました。(最近カニや総力戦など縛られる時間が増えてますし)

フレンド関連の話につきましては、特にフォロー関連はちょっと使いにくいと思ってましたが、今後改善予定の話題も出ていましたので楽しみです。

精霊装の満足度

実装直後に比べるとかなり受け入れられる内容に調整されている。わかりやすさと遊びやすさに繋がるUIの改善が課題。

補足

74.7%のプレイヤーがとても満足、満足に投票している様子です。昨年度は32.9%だったことを思うと本当に伸びました。自分は精霊片集めうるための周回などはやっていませんが、ガチャで引いて回るだけでもいい塩梅に落ち着いたと思います。昨年度のアンケートと比較しても評価が上がっていたようです。

ルームの満足度

去年に比べた場合はあがっているが、精霊装と比較するとまだまだといった感じ。まだまだキャラクターと触れ合える要素は増やせると思うので今後も拡張していきたい。

こんな機能があったらうれしいのアンケート結果

順番で並べます、あと端が切れてたのはそのままで。アンケート項目は見覚えはあるけど記憶の橋なので復元できませんでした。

  1. 過去作品の思い出深いシーンの追体験シナリオの…
  2. 精霊とキャラクターの組み合わせを選べる精霊装
  3. ルームでの純粋な会話パターンがついた特殊装備
  4. 過去作のボスと連戦するイベント
  5. 魔鏡技や精霊装に続く新しい必殺技要素
  6. ほかのキャラの技を使える装備
  7. キャラクターのオリジナルバージョン(大きな斧…)
  8. キャラクターの個性がかわるほどのスキルカスタ…
  9. 新たな主人公の物語

ここでの項目については、本当に思い付きの段階だそうでまだ何も着手していないそうです。今後実装する機能の参考用らしい。

個人的な感想

私も思っていましたが、新たな主人公の物語は少しさびしいなと思っていましたが同じ感想の人は多かったようです。個人的にはキャラクターのオリジナルバージョン、みたいなのはちょっと気になるなと思ってました。

Ver3.90のアップデートについて

ユニゾンアタック第二回のプレオープンテスト

第一回ででたバグ改善の調整のめどがついたので、二回目のプレオープンテストが開催されるそうです。そして、今回のテストで問題がなければ、正式実装となり定期的に開催されるようになるようです。

今月は、テイルズオブデスティニー(TOD)のキャラクターが対象となり開催。報酬となるスタンプもTODのものになるようです。(スタンやリオンのものが紹介されました。)

ルームに非戦闘キャラの参加

以前から話に合った非戦闘キャラクターのルームへの参加が実装されます。

今回はクレア(TOR)の実装のようで、ルームに設定できるだけではなく、ウィスでの操作も可能だそうです。

軽い次回予告

Ver3.10においても、テンションが上がる機能の実装があるそうですが次回のお楽しみにとのことです。

5月のイベントスケジュール

イノセンスR単独季節イベント

新規参戦

  • キュキュ
  • リカルド

オバレ魔鏡

  • コンウェイ

季節魔鏡

  • アンジュ

もう告知も来てますが5月前半イベントはTOIRの単独季節イベントでとなります。

ちょっと変わった世界観、モダンビフレストと呼ばれる文化を持つ街で再開するそうです。コンウェイとキュキュの再開、区長が印象的なキャラクターの登場(多分コーダ)だそうです。

個人的な感想

モダンビフレストな文化を持った町というのが気になります。ビフレストというと和風な印象が強いですが、告知に表示される季節魔鏡の画像らしいアンジュを見るに、大正時代のような印象を受けました。(ハイカラさんが通るとかを思い出しました。)

最近のイベントは時系列的におそらく四部の間のもののようですが、どうなるのかも楽しみです。

メインシナリオ 3部15章 ジョニー参戦(5月下旬)

ジョニーの参戦と同時に3部での話も佳境に入るそうです

ワーオ!ことミラクルボイスは魔鏡技で登場。カメラの関係で3D空間で再現すると文字がずれてしまったりする問題があったっため、角度が固定される魔鏡で実装されるそうです。

音楽と攻撃が一体化した珍しいスタイルのジョニーは独特で楽しく動画映えするかもしれないのでお試しくださいとのこと。

精霊装第7弾 ロイド・コレット・コハク(5月下旬)

  • ロイド(ノーム)
  • コレット(アスカ)
  • コハク(イフリート)

ロイドはドワーフの信条からノームを引き付けたのかもしれない。

コレットについては、原作での光のイメージから、さらにマフラーは…とのこと。

コハクに関しては、思念属性の炎よりイフリート。ライダースーツのような形状も何かあるようです。(シングっぽい?)

復刻イベントについて

今月は上記三つのイベントとは別に、いつもの復刻イベントが一つ、さらにいつもと違う復刻イベントが一つあるとのことです。

個人的な感想

いつもの復刻のほうは時期的にマークのカジノイベントでしょうか?

告知画像のシルエットを見てみるとアイドルマスターシンデレラガールズの島村卯月さん及び神崎蘭子さんの二名のように見えます。そこから考えますと、いつもと違う復刻のほうはアイマスコラボ第二段の復刻の可能性がありそうです。そこに続報という名の未告知の要素があることを踏まえると、コラボ復刻で多い一人追加キャラがいるパターンも考えられます。

現在、キュート、クール、パッションというコラボ先ゲームの区分のうち、キュート、クールの二人が来ていることを思うと、パッションの誰かが来るかもしれませんね。

一コマ漫画追加

さらっと書かれてましたが月末に1コマ漫画が増えるようです。

新型コロナウィルスの影響について

4月中旬以降、声の収録ができておらず今月以降のキャラクター(5月ではロイド、コンウェイが該当)は、原作の二次利用、およびザレイズ収録ボイスの転用のものが増えるそうです。

これらのキャラクターについては、収録が完了したタイミングで、新録ボイスとの差し替えを行っていくそうです。

詳細については後日公式サイトにも記述されるようです。

感想

一コマ漫画の追加が地味にうれしかったです。

コロナウィルスの影響は大変で、頑張っておられるようですので応援したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました