Metaphor: ReFantazio(メタファーリファンタジオ)映像初公開

メタファーリファンタジオ情報公開エンタメ
当ブログは、アフィリエイトプログラムに参加して商品を紹介しております。当ページのリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。

Metaphor: ReFantazio(メタファー:リファンタジオ)

2023年6月12日に行われた、XBOXGAMESSHOWCASEにて、アトラス StudioZEROにより制作が発表された完全新作。2024年に発売予定となっており、おそらく以前公開されていた『PROJECT RE FANTASY』に当たる作品だと思われます。

1分45秒のアナウンストレーラーの中では、実機の映像も豊富に登場、ペルソナシリーズとは違うながらも、独特のグラフィックを採用したUIや、広大なファンタジーの世界など様々な景色が見られ、女神転生シリーズとも違う方向性を感じる作品となっています。

PV注目ポイント

41秒時点では、戦闘シーンらしき映像が公開。ボタンごとに行動が振られているようで、Xには、武器による攻撃、Yには『ArcheType CallPower』が表示されています。ArcheType というのは、PVでも登場するペルソナのような存在なのかも?

更に、PASSというボタンも割り当てられているのを見るに動かないことでメリットなどもあるのかもしれません。左下のRETRYという表示も気になります。戦闘中に何かをやり直すこともできるのか?

ペルソナシリーズとはまた独自の戦闘システムが用意されていそうです。

コミュシステム?

PV47秒頃をみると、主人公らしき青髪の人物と登場キャラクターが手を結ぶシーン。Rankとの表示が見え、それが増えていくようなUIとなっているのを見るに、ペルソナシリーズで言うところのコミュのようなシステムがありそうです。

人間?と驚く

PV53秒頃のシーンでは、「まさか人間?」という登場人物の声が。改めてPVのキャラクターを見てみると、エルフや、妖精といった感じのファンタジーな登場人物ばかりで、人間という存在がこの世界ではかなり特質なものなのかも。ナレーションの声の語る「君にとってはこの世界は絵空事」、という言葉や、「始まりはあなたの持つ小説」という言葉を見るに、人間である主人公は、本の世界に入っているというような可能性もあるのかも。

公式サイトの『僕らの世界(ゲンジツ)は彼らの理想郷(ユートピア)だった』という単語も気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました