がんばれゴエモン…?ではなかった 『御伽活劇 豆狸のバケル ~オラクル祭太郎の祭難~』

御伽活劇-豆狸のバケル-~オラクル祭太郎の祭難~情報公開エンタメ
当ブログは、アフィリエイトプログラムに参加して商品を紹介しております。当ページのリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。

2023年6月21日に行われた『Nintendo Direct 2023.6.21』にて情報が公開された2023年冬発売『御伽活劇 豆狸のバケル ~オラクル祭太郎の祭難~』に関する情報のまとめです。

PVが流れた瞬間、映像の雰囲気から一瞬『がんばれゴエモン』シリーズを思い出しましたが、違う作品でした。

とはいえ、制作会社の『グッド・フィール』は、『がんばれゴエモン』シリーズを発売していたKONAMIのアクションゲームに関わっていたスタッフが独立して設立した会社とのことで精神的続編といった形の作品になりそうです。『グッド・フィール』では、『ヨッシークラフトワールド』や、『毛糸のカービィ』などの作品も製作されており、アクションゲームを多く制作されているようで楽しみです。

御伽活劇 豆狸のバケル ~オラクル祭太郎の祭難~

人に化けた狸の少年『バケル』が主人公、PVでの声を聴いているとCVは、『NARUTO』にて主人公ナルトを演じた竹内順子さんでしょうか。

桃太郎や金太郎といった、御伽噺のキャラクターの姿に変化が可能。桃太郎だと二丁拳銃、金太郎では、両手にマサカリをもって竜巻を起こしながら回転と大きくアクションが変化するようです。

さらに巨大ロボット同士のバトルもあるようです。バケルの乗るロボットは『分福』とのことで、おそらく狸の化ける『分福茶釜』から名前をとったものか。他のシーンでは、分福らしき茶釜に乗って日本全国を移動しているようでした。さらに、PVで戦っていた敵ロボはタコヤキオーとのことでどこか大阪を感じさせます。各地域に戦う敵のロボもいるのかもしれません。

さらにPVでは、おそらくボス戦だろう『オラクル祭太郎』とのバトルや、凧揚げの凧と戦うシューティング風のシーンなども見られ、多彩なアクションが楽しめるようです。

さらに公式サイトもオープン、とはいえ2023年冬発売とまだまだ先なので、情報は少なめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました