PR

2023年夏アニメ:気になる作品紹介

2023年夏アニメ気になる作品紹介 アニメ
当ブログは、アフィリエイトプログラムに参加して商品を紹介しております。当ページのリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。

6月もそろそろ終わりが近づき、7月には夏アニメも続々放送開始。そんなわけで、2023年の夏アニメから気になっている作品をご紹介。

アンデッドガール・マーダーファルス

第22回鮎川哲也賞を受賞した青崎有吾による「アンデッドガール・マーダーファルス」(講談社タイガ刊)のアニメ化作品。原作は、2023年7月14日に4巻の発売を予定しているようです。

怪物専門探偵<鳥籠使い>が、
体を取り戻すためヨーロッパを巡る笑劇<ファルス>
19世紀末。吸血鬼・人造人間・人狼など、異形な存在がまだ暮らしていた世界。首から下のない不老不死の美少女探偵・輪堂鴉夜が、“鬼殺し”の異名を持つ半人半鬼の真打津軽と、彼女に付き従うメイドの馳井静句と共に、怪物専門の探偵 “鳥籠使い”として数々の事件を解決しながら、鴉夜の奪われた体を探してヨーロッパを巡る―――。

https://undeadgirl.jp/

放送日

2023年7月5日(水) 
フジテレビ:毎週水曜 24:55~

ネット配信
7月6日(木)正午よりU-NEXT/dアニメで先行独占配信
7月9日(日)正午より、各種ネット配信スタート

U-NEXTやdアニメでの翌日からの配信開始が最速。その週の日曜からAmazonPrimeなどの他のサービスでの配信もあるようです。

気になるポイント

吸血鬼などの怪物が生きる世界での、探偵作品という事で、それぞれの怪物の特徴が生かされた犯罪・推理が面白そう。首から下のない不老不死の美少女探偵のビジュアルもなかなかとがっていて気になります。

SYNDUALITY Noir(シンデュアリティ ノワール)

バンダイナムコグループによるメディアミックス作品の一環のSFアニメーション。ゲームの発売も予定されていますが、アニメは、ゲームの2年後という設定の作品のようでゲームとは異なる物語が描かれるようです。

時は2242 年―
「新月の涙」と呼ばれる未曾有の大災禍により地下深くへと逃れた人類は
地下都市国家「アメイジア」の崩壊という事件を経て、再び地上で生きる希望を持ち歩みはじめていた。
人々は地上の各地に「ネスト」と呼ばれる集落を形成。
いまだ人類の脅威として地上にはびこる「エンダーズ」と戦い、
ネストの運営に必要なエネルギー資源である「AO 結晶」を採掘する冒険者たちを、
人々は「ドリフター」と呼んでいた。
そんなドリフターたちが集まるネスト「ロックタウン」で、
いつかドリフターになることを夢見る青年「カナタ」は、
ある日凄腕のドリフター「トキオ」と一緒に探索に訪れた
朽ち果てたミュージアムの中で眠る、一体の美しいメイガスを発見する。

謎のメイガス「ノワール」との出会いによって、
運命の物語は少しずつ動き出すことになるのであった―

https://synduality-noir.com/story

放送日

2023年7月10日(月) 
テレビ東京系列:毎週月曜 深夜24:00~
BS-日テレ:毎週金曜 深夜24:30~
AT-X:毎週火曜 20:30~

ネット配信
ディズニープラスにて、7月10日(月)深夜24:30~

ネット配信はディズニープラスオンリー?

気になるポイント

今期のロボットアニメということもありますが、前から情報が出ていたゲームも気になっていたので、アニメの方にも興味がわきました。ロボットにAI、荒廃した世界とまさにSFといった感じの作品。
水星の魔女に続いてロボットアニメを見てみたいという方にもよいかも。

デキる猫は今日も憂鬱

講談社、月刊少年シリウス及び各種web漫画サービスにて連載中、山田ヒツジ先生によるほのぼの四コマ漫画。

あらすじ
「吾輩は猫である。しかしただの猫ではない。空前絶後の『デキる猫』である」
仕事はできるが生活能力が壊滅的な会社員・福澤幸来は、
ある日凍死寸前の仔猫を拾う。
諭吉と名付けたその猫はいつの間にか猫にあるまじき大きさに成長し、
ダメなご主人様に代わって料理、洗濯、掃除、買い出し、
ご近所付き合い……
あらゆることを完璧にこなす“デキる猫”になっていた。

「うちの猫ちょっと普通じゃないかも……!?」

そう思いつつ、諭吉のおいしい料理に胃袋を掴まれ、
生活の全てを支えられている幸来は
もう諭吉なしの生活なんて考えられない!

夢のパーフェクトにゃんことハイパーずぼら会社員のまったりのんびり同居ライフ

https://dekineko-anime.com/introduction/

放送日

2023年7月7日(金) 
MBS・TBS:毎週金曜 深夜2:23~
BS-TBS:毎週金曜 深夜3:00~

ATXでも一週遅れで放送、ネットでの配信情報はまだ不明です。

気になるポイント

タイトルを見た時は、何となく家猫が家主に対して突っ込みを入れるタイプの作品なのかと思っていましたが、猫がでかい。人よりもでかい。さらに、家事やらなにやらまでしてくれてくれている様子。予想外+猫ということで、興味を惹かれた作品。

好きな子がめがねを忘れた

藤近小梅により月刊「ガンガンJOKER」にて連載中、めがねを忘れた女の子と『ゼロ距離』からはじまるラブコメディ。

この恋は、裸眼の距離で始まった。
ちょっぴり奥手な中学生男子の小村くんは、めがねをかけた隣の席の女の子、三重さんのことが好きである。

「その分厚いレンズ越しでいい。三重さんのきれいな目に見つめられてみたい。」

不思議な魅力を持つ三重さんに惹かれつつも、話しかけることさえできないまま日々を過ごしていた。
そんな三重さんはいつもめがねを忘れてしまうド天然女子。クラス替えから3日。隣の席になった小村くんは、
困っている三重さんをサポートしようと奮闘するが、そんな想いとは裏腹に一生懸命何かを見ようとする三重さんとの距離が近すぎてドキドキが止まらず・・!?

https://anime.shochiku.co.jp/sukimega/story

放送日

2023年7月4日(火) 
TOKYO MX:毎週火曜 23:00~
MBS:毎週火曜 深夜26:30~

2023年7月5日(水)
AT-X:毎週水曜 21:00~

2023年7月7日(金)
BS朝日:毎週金曜 23:00~

ネット配信
2023年7月4日~
U-NEXT:毎週火曜 23:30~

2023年7月10日~
AmazonPrimeVideo:毎週月曜23:30~

U-NEXTなどネット最速の配信は、テレビ放送直後から配信開始、それ以外のネット配信は翌週月曜以降となり一週間ほど遅れるようです。

気になるポイント

髪の毛がすごい細かく書き込まれているのが気になりました。PVを見ているとただ階段を上るシーンですごいカメラをぐりぐり回しており、そういった描写力を入れようとしているのかもしれません。

ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜

コーエーテクモゲームスより発売されたアトリエシリーズ、『ライザのアトリエ 』シリーズ三部作の一作目『ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜』のアニメ化作品。

周りを湖に囲まれたクーケン島にあるラーゼンボーデン村。
ロテスヴァッサ王国の辺境にあるこの村では、穏やかな時間が流れている。

そんな刺激が少ない村での暮らしに活力を持て余していたのは、
平凡で特徴がないことが特徴の少女、ライザ

「あーあ。何か面白いことないかな。」

窮屈で退屈な村、そこに身を置く“なんてことない農家の娘”である自分に不満を抱いていたライザは、
ある日、幼馴染みのレントやタオとこっそり小舟に乗り込み、島の対岸へはじめての冒険に出かける。

https://ar-anime.com/intro/

放送日

2023年7月1日(土) 
TOKYO MX:毎週土曜 24:00~
群馬テレビ:毎週土曜 24:00~
とちぎテレビ:毎週土曜 24:00~
BS11:毎週土曜 24:00~

2023年7月3日(月)
読売テレビ:毎週月曜 26:29~
テレビ愛知:毎週月曜 26:05~

2023年7月4日(火)
AT-X:毎週火曜 20:00~

※初回は1時間スペシャルとなるようです。

ネット配信

2023年7月1日(土)
dアニメストア:毎週土曜25:00~ 2話以降24:30~
DMM TV :毎週土曜25:00~ 2話以降24:30~

2023年7月4日(火)
U-NEXT:毎週火曜 12:00~
AmazonPrimeVideo:毎週火曜 12:00~

dアニメストアやDMMTVなどがネット最速で、テレビ放送後に配信開始。それ以外の配信は、翌週火曜日の昼となるようです。

気になるポイント

ライザのアトリエシリーズは未プレイなので以前から気になっていた作品でした。この機会にアニメでお話に触れてみたいです。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

1994年から週刊少年ジャンプにて連載されていた作品。現在はジャンプSQにて続編の『北海道編』が連載中。アニメ化や、実写映画などもたびたび制作された人気作品が、2023年に原作を再び一からアニメ化。連続2クールの放送となるようです。

コミックスがシリーズ累計7,200万部、実写映画はシリーズ累計興行収入193億円と全世界・全世代からの支持を受ける伝説の名作『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』が、2023年に新作TVアニメシリーズとして蘇る。

和月伸宏による原作は1994年「週刊少年ジャンプ」にて連載開始、1996年には初のTVアニメ化。以降もOVAや劇場映画など数々の展開を経て、現在は『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』が「ジャンプSQ.」にて連載中。

満を持しての今作は、最新のアニメーション技術で原作を第1話から再構築し、現在のアニメファンにもアピールしうる、アニメ『るろうに剣心』を目指す。

https://rurouni-kenshin.com/intro/

放送日

2023年7月6日(木) 
フジテレビ:毎週木曜 24:55~
関西テレビ:毎週木曜 25:55~
東海テレビ:毎週木曜 26:04~

そのほかフジテレビ系列。

テレビでの放送は基本的には地上波毎週木曜にフジテレビ系列で放送となるようです。

ネット配信

2023年7月7日(金)
AmazonPrimeVideo:毎週金曜:12:00~ 2話以降24:30~

2023年7月10日(月)
ABEMA:毎週月曜 12:00~
d-アニメストア:毎週月曜 12:00~

AmazonPrimeVideoが最速で翌日、それ以降は週明けの月曜に配信となるようです。

気になるポイント

原作も読み、テレビシリーズも一度見たことがありますが、改めて2023年に作り直すとどんな感じなのかが気になりました。剣心や薫殿の声優も変更とのことですが新しい声でどんな印象になるのかも楽しみです。

ちょっと関係ない話でもありますが、同じくジャンプ漫画で以前再アニメ化された『シャーマンキング』は、放送終了後に続編『シャーマンキングFLOWERS』のアニメ化も告知されました。もしかしたら、現在連載中の『北海道編』アニメ化の布石だったりするのかなとも思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました