PR

BULLBUSTER アニメ6話感想『期待の新人は問題児!?効率最優先の冷徹インテリに、沖野がキレる!』

ブルバスター6話感想 アニメ
当ブログは、アフィリエイトプログラムに参加して商品を紹介しております。当ページのリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。

2023年秋に放送開始した監督:青木弘安によるアニメ『BULLBUSTER ブルバスター』の感想文となります。ネタバレとなる要素も含みますので未試聴の方は注意してください。

BULLBUSTER ブルバスター

若き技術者・沖野は新型ロボ=ブルバスターを携え、害獣駆除会社・波止工業に出向。その矢先、龍眼島に謎の生物『巨獣』が出現!赴任早々、命を懸けた戦闘に駆り出される。

しかし、波止工業には経済的な問題も付きまとい、ロボットの燃料費、パイロットの人件費、もちろん弾一発の無駄さえ許されない。巨獣を退治するという「理想」と、コストという「現実」の狭間で、波止に未来は訪れるのか!?

ブルバスター 01
ブルバスターの原作となるノベル作品。一巻の表紙は沖野ではなく、アルミさんなことにちょっと驚く。3巻まで発売されているようなので、気になる方は読まれてみるとよいかもしれません。

期待の新人は問題児!?効率最優先の冷徹インテリに、沖野がキレる!

新入社員 鉛

塩田化学からの新入社員。一流大学出身、非常に優秀。船舶免許もち。といいことづくめの新入社員でしたが、自信との対応の違い、学歴へのコンプレックスといった点で、沖野は微妙そうな顔をしている。そんな彼の指導員として、ロボットや船の事を教える担当は沖野が任されることに。

業務としての役割に関してはきっちりとやりきろうとするも、あくまで仕事は仕事といった感じで、割り切っている感じのキャラクター。定時ギリギリの仕事も、研修は残業は無しという規定があるとのことで緊急時であってもそのまま帰宅する。

今回、何やら裏で片岡さんともめているシーンもちらっと映っていました。直線距離がどうのとか契約書には書いてなかったとかちらちら聞こえてきましたが、通勤手当か何かの割り当ての話とかでしょうか。

船舶での待機時は、何やらスマホをいじっており沖野に後で言われていました。ただ、仕事とそうでない時間の割きりはしっかりしていそうな人物なので、彼は彼なりに何かをしようとしてたのではないかなという気はします。

実際のところは、シオタ本社の方でも、こういった感じでもめており、上司や同僚からも煙たがれテイル存在だったとのこと。気に入ったなら研修期間後もそちらにいて構わないとのことで、何やら島流しといった感じの扱いだったようです。

果たして何を考えているのか、わかりにくいところも多い人物。今回ラストでは沖野にいろいろ言われてしまいましたが、彼の胸の内が明かされるのは次回となりそうです。沖野がきれるのもわからなくはないですが、何となくコミュニケーション不足を感じるところもあるお話だった気がします。

ネズミ

前回、沖野が放つことに成功したネズミ。無事なのかどうかはさておいて、とりあえずGPSの反応を検出。それと同時に、島に新たな巨獣が出現とのことで、まさにこのネズミが巨獣になっていることが確認されました。

島にいる生き物が、何らかの理由で巨獣となっている点は、確定となったようです。そして、やはりその原因は湖にある様子。カメラの映像は最後に湖に流れていくネズミの視点を捕らえていました。

定時で退社した鉛の代わりにアルミと沖野で島へと行く、そこで遭遇したネズミの巨獣。元々ネズミなので、サイズ的には狸よりも小さい程度といった感じですが、巨獣と勘違いして捕らえた狸に食らいつき食べる様は非常に狂暴。前回のシロは、アルミの事を思い出してなついていたのを見るに、凶暴さについては素のネズミのままという事なのか?それとも、巨大化と同時に狂暴性も増しているのかというのは気になるところ。

捕獲に当たるアルミさんすらも襲われ、辛くも命の危機。ギリギリ沖野の射撃で倒されましたが、捕獲寸前だったので怒られる沖野。しかし、これに関しては状況的に沖野が撃ったのは仕方ない気がします。

しかし、時を同じくしてシロの容体が変化。急に静かになり死んだようになってしまう。ある意味、二体の生体サンプルを同時に失う事となってしまったようです。

てっきり、射撃で記録もダメになったのかと思いましたが、そちらについては無事だった様子。湖に何かあることがわかりました。

次回、何やら死んだと思っていた巨獣が動き出しそうな気配がちらちら。どうやら本土の方で大暴れとなりそうですが、今回のネズミか、シロかどっちかといった感じか。最後のアルミさんの涙を見るにシロということでしょうか。

しかし、いよいよ次回本島の方でも巨獣が暴れてしまいそうで、いよいよ島だけの問題というわけにもいかなくなりそう。島民のために隠し通していますが、こちらで話が大きくなるといよいよそういうわけにもいかないのではないでしょうか。

Leminoで配信

ネットでの配信はDocomoのサービスLemino独占となっているようです。3話も無料で視聴できるようなので、気になっていたけど見逃していた方はこちらから見てみるとよいかもしれません。

Lemino(レミノ)/ドコモの新しい映像サービス - 知らなかった、大好きへ。
新しい映像配信サービスLemino!映画やドラマ、アニメ、ライブ映像など多彩なジャンルが楽しめる!/オリジナル作品も見放題/初回初月無料/マルチデバイス対応/ダウンロード視聴可能/好きな作品と出会える機能がたくさん。

コメント

  1. 通りすがり より:

    このアニメ 1年前のラジオドラマと連動してるっぽいんでそれとwebのカクヨムか
    小説読んでいるのを前提で作ってるっぽいですよ

    アニメ内であまりに解説が少ないですからね…
    波止工業の出資金が
    住民のカンパ・北九州市の害獣駆除の公金と塩田バイオからでてるそうで
    公の機関に隠して公金支給てアウトなんじゃないかなと思う設定してある作品です

    原作もラジオドラマもガバガバすぎてどうにもならんですけどね..

    • 又三郎 又三郎 より:

      島民が戻るためにというのはわからないではないんですが、規模が規模なのでどうしてもというところがありますね。
      割と面白そうな設定ではあると思うのですが、やはりどうも巨獣の隠蔽の件だけは常に気になってしまうあたりがちょっともったいない気がしますね。

      • 通りすがり より:

        返信頂きありがとうございます
        巨獣の隠ぺいの件はこのアニメので部隊ある龍眼島の『龍眼島伝説』と
        呼ばれるものが設定にあり古くから島民の年寄の間に信仰として
        伝わっている などといった原作でしか語られない内容があり
        アニメでは完全に省略してしまっているので意味不明になっている模様です
        …まあ それすらけっこう突っ込みどころあるのですけど
        詳しくはこのアニメのブルバスターを設定担当した 出雲重機 さんのところに
        noteで分かりやすく図などがありますのでそちらを見るのが手っ取り早いと思います

        おそらくは本編で語られない内容です

        • 又三郎 又三郎 より:

          ラジオドラマの件もありますが結構外部での情報公開が多い作品ですね。
          少し見てみますありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました