PR

鉄巨人はジョイボーイを探す ワンピース 1118話『自由になる』感想・考察【2024年30号】

ワンピース1118話自由になる感想 エンタメ
当ブログは、アフィリエイトプログラムに参加して商品を紹介しております。当ページのリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。

2024年6月24日に配信、週刊少年ジャンプ2024年30号で掲載されたONEPIECE(ワンピース)最新話第1118話『自由になる』の感想記事です。最新話のネタバレもあるので注意してください。

第1118話 自由になる 感想

週刊少年ジャンプ2024年30号
ワンピース 1118話『自由になる』が掲載された週刊少年ジャンプ

エッグヘッド脱出

そろそろエッグヘッド編も終盤といった感じで、脱出が本格的に動き出す。ルフィたちは、巨人たちの船、上空からのサニー号の脱出と同時並行に話が進行。ルフィサイドでは海軍の追撃もありましたが、子供に戻してしまうボニーの能力がやはり非常に強力。かわいらしい姿で足止めされてしまいました。今回は描かれませんでしたが、上空では鬼徹対決も続いていそうです。

逃げようとする一味に対して、生きているベガパンクは残り何人いる?との五老星の問いかけに答えるヨーク、残りは二人。手中にあるヨーク以外のベガパンクはすべて処理しようとする五老星からの逃走劇となりそうです。このあたりは、二人連れて脱出となるのか、さらに犠牲者が出てしまうのかは気になる所ですが、きりよく敵味方ベガパンク一人ずつ残るなんて可能性もあるのかも。

そういえば、そろそろ脱出、海の上が舞台となってくると、五老星が悪魔の実を食べているのかというのもわかる機会が来るのかも。悪魔の実の能力ではない故に、海に落ちても彼らは力が失われないなんて可能性もありそうです。マーズ聖あたりは、空も飛べるあたり船で逃げても追撃が激しそうですが、果たしてどうなるのでしょうか。

ラストでは、ルフィからジョイボーイを感じ取ったらしき鉄巨人も再び動き出しそうな気配。ボニーもニカの姿となった、自由な未来で立ち向かう、ここはあくまで撤退戦、五老星との決着はつかなそうですが、いよいよエッグヘッドも最後の戦いが近そう。

ここが終わると、いよいよエルバフ上陸となりそうで、色々と楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました