ゲーム実況の配信規約・ガイドラインを見つけたやつをまとめたアレ【国外メーカー編】

国外メーカー配信ガイドライン ゲーム配信:tips

ゲーム実況を行う際に、著作権の問題は常に付きまといます。そこで、各社ホームページなどで告知している配信に関する規約を出されているものを、調べまとめていましたが、それなりにたまったのでとりあえず記事にしてみます。

内容としては各社の配信の規約収益化など条件が書かれたページへのリンクとコメント、代表作の紹介などがあります。代表作っていうのはその人の毎にプレイした経験とかいろんなものが反映されていると私は思います。これは違うんじゃないか?とかこのソフト足りないんじゃないか?とかあるかもしれませんが温かい目で見守ってください。

なお、こちらの記事は国外のメーカーについてを取り扱っています。国内のメーカーや、インディータイトルについては下記リンクよりどうぞ。

この記事は、配信許諾に関連したリンクをまとめ、若干にぎやかしのコメントを付けただけであり、配信の許諾などに関して保証するものではありません。当ページの情報を利用して発生した損害等について責任は取れませんので、必ずリンク先のページに書かれた規約等を確認して判断していただくようお願いします。

リンク先の更新等あれば、それに合わせ対応していくつもりではありますが、個人での対応となるため、漏れや内容の相違などがある可能性があります。重ねてになりますが、きちんとリンク先に書かれてある規約を確認した上で、この記事に書かれている内容で判断せずリンク先の各社の規約等を見てください

リンク切れ等があった場合は、コメントなどでご報告いただけると助かります。

Microsoft

代表作:

  • Microsoft Flight Simulator
  • Microsoft Solitaire Collection など

わかりやすい規約ですが、マインクラフトのみ例外で別の規約があるようです。

yostar

代表作:

  • アズールレーン
  • アークナイツ
  • ブルーアーカイブ
  • 雀魂

配信ガイドラインが存在します

お知らせ|株式会社Yostar

スマートフォン向けのゲームを多く出されている会社です。アズールレーンなどは最近アニメ化もしていましたね。

また麻雀ゲームである雀魂もこちらの会社のゲームとなっており、雑談しながらのプレイなどにも向いているかもしれません。

mihoyo

代表作:

  • 崩壊The3rd
  • 原神

アクション要素のあるソシャゲを配信している会社です。

配信に対する制限等は緩めです。

RIOTGames

代表作:

  • League of Legends(リーグオブレジェンズ)
  • VAROLANT

知的財産の利用に向けたガイドラインページが存在します。

法務表記

世界で一番多くプレイされているオンラインPCゲームともいわれるleague of legends などを出されています。ガイドラインでは、広告による収益化などについても触れられています。

HK Hero Entertainment

代表作:

  • パニシング:グレイレイヴン

タイトルごとにガイドラインを出すようです。

パニシング:グレイレイヴン

Android ios のゲームですが非常にアクションにこだわった3DアクションRPGです。

二次創作ガイドラインが告知されており、収益化についても触れられています。

パニシング:グレイレイヴン 公式サイト
超爽快3DスマホアクションRPG『パニシング:グレイレイヴン』好評配信中!

公式サイトはこちら

アクションを主体としたアプリゲームを出されています。ガイドライン収益化関連についても触れられています。

505Games

代表作:

  • PC版 Death Stranding (デスストランディング)
  • Bloodstained: Ritual of the Night

デスストランディング(PC版)などのゲームのパブリッシングをおこなっている会社様です。

タイトルによってはswitch、PS4などのCSゲームへの発売も担われているようです。

CD PROJEKT RED

代表作:

  • CyberPunk2077
  • The Witcherシリーズ

ソフトウェアに関する規約のページに実況配信に関連した規約のようです。

CD PROJEKT RED User Agreement

9:User GENERATED CONTENT

11:USING CD PROJEKT RED GAMES IN FAN WORK AND LET’S PLAY CONTENT

このあたりがその辺に触れている規約になりそう。

2020年12月に発売したCyberPunk2077には、著作権で保護された音楽の再生をしない「配信者モード」が存在するようです。

DEVOLVER DIGITAL

代表作:

  • Fall Guys など

英語ですが、わかりやすくドカンと書いてあります。あまりにもシンプルで少し笑ってしまいました。

ubisoft

代表作:

  • アサシンクリードシリーズなど

Rockstar games(ロックスターゲームズ)

代表作:

  • RED DEAD シリーズ
  • Grand Theft Auto シリーズ

GTAなどと略される、Grand Theft AutoⅤ などアウトローなアクションゲームを出しています。

Epicgames(エピックゲームス)

代表作:

  • Fornite

あくまでEpicgamesが販売元となっているものへのガイドラインです。

同社が提供するゲーム販売サイト、EpicStoreにて販売される全ゲームが対象ではないと思われますので注意が必要です。

WiZARDS(ウィザーズ)

代表作:

  • Magic the gathering arena

ファンメイドコンテンツに関する規約ページが存在します。

実況動画や、youtube,twitch などでの収益化についてもこちらに書かれています。

Fan Content Policy | Wizards of the Coast
Wizards of the Coast Fan Content Policy.

TCGの先駆けともいえるMTGを開発した会社様です。PCやスマフォでプレイ可能なデジタル版MTGなどに関する規約となるようです。

EA Electronic Arts(エレクトリックアーツ)

代表作:

  • apexlegends
  • タイタンフォールシリーズ

国内でも人気のバトルロイヤルゲームApexLegendsなどを提供されている会社様です。

Valve Corporation

代表作:

  • portal シリーズ
  • half life

配信に関するビデオポリシーが存在します。

Steamの運営元ですが、あくまでValveが発売するタイトルのガイドラインなため注意が必要です。

ビデオポリシー

portalシリーズについては、二つのワープポイントを使った独特なパズルゲームで非常に面白かったです。

that game company

代表作:

  • Sky 星を紡ぐ子どもたち
  • The jouney(風ノ旅ビト)

タイトルごとにガイドラインを出すようです。

Sky 星を紡ぐ子どもたち

NintendoSwitch,iphone,android向けに提供されているタイトルです。

他のプレイヤーと協力して探検をする中で人の優しさを感じられるゲームのようです。

ユーザー作成コンテンツへのガイドラインが告知されており、その中で動画についても触れられ手ります。

Sky: Children of the Light
お困りですか?

動画やストリーミングサービスでの広告、パートナーシップでの収益化なども許可されているようです。

風ノ旅ビトなどを開発された会社です。独自の世界観と緩くも確かにつながりが感じられるマルチ要素など、独特の雰囲気を持ったゲームを多く開発されています。

2K

代表作:

  • BORDERLANDSシリーズ
  • CIVILIZATION シリーズ

指導者となって国の繁栄を導くシミュレーションゲーム、Civilizationシリーズは、人ごとにプレイの幅が出るゲームな気がします。ただ、遊んだことのない人からすると何をやっているのかわかりにくいのが難しいところですね。

BETHESDA

代表作:

  • Falloutシリーズ
  • Doomシリーズ

PS5で発売されるGhostwire: Tokyo“DEATHLOOP”などもこちらの会社の作品になります。

Frog ware

代表作:

  • シャーロックホームズ罪と罰
  • The Sinking City

シャーロックホームズを題材とした推理ゲームや、ホラーゲームなどを発売されています。

プレイヤー自身が推理して最後に犯人を決めるゲームもあり、推理力に自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

なお、若き日のシャーロックホームズを描く、オープンワールドミステリーゲームとなる、「Sherlock Holmes: Chapter One」の発売が2021年中に予定されています。

なお、若き日のシャーロックホームズを描く、オープンワールドミステリーゲームとなる、「Sherlock Holmes: Chapter One」の発売が2021年中に予定されています。

Red Barrels

代表作:

  • OUTLAST

ホラーゲームを多く出されているところなので、ゲーム実況には良いかもしれません。

24 Entertainment

代表作:

  • NARAKA:BLADEPOINT 

タイトルごとにガイドラインを出すようです。

NARAKA:BLADEPOINT ファイナルβテスト

24 Entertainmentが提供する、剣技などの近接戦闘、鍵縄などのロープアクションが行える、東洋風新作バトルロワイヤルゲーム、NARAKA:BLADEPOINT(ナラカ:ブレイドポイント)のベータテストが、6月に行われていました。

そちらの中に、ゲーム実況に関する質問がありましたので追記しておきます。以前のテストでも、配信に関する許可が下りていますので、正式サービス時にも配信の規約などへの告知がされるのではないでしょうか。

NARAKA:BLADEPOINTファイナルβテストFAQ
NARAKA: BLADEPOINTは、オブジェクトに対するインタラクティブのマップ、目的を問わず狙うことのできるグラップリングフック、および洗練された戦闘システムを備えた、プレイヤーに自由な戦闘体験を提供するように設計されている。

正式サービス開始は2021年8月13日を予定しているようです。

新作のバトルロワイヤルゲームを出された会社です。バトロワというとフォートナイトやAPEXのように射撃主体のゲームが多い中近接戦闘を主体としたゲームとなるようで、どのようになるか楽しみです。

SharkMob

代表作:

  • Vampire the Masquerade – Bloodhunt

タイトルごとにガイドラインを出すようです。

Vampire the Masquerade – Bloodhunt cαテスト

基本プレイ無料の、吸血鬼をモチーフとしたバトルロワイヤルゲームのcαが2021年7月2日~4日の間に行われました。

公式サイトよくある質問FAQにて、ゲーム実況への許可について触れられました。

よくある質問 (FAQ)
このセクションでは Bloodhunt に関するご質問にお答えしたいと思います。ご質問がある場合は、お気軽にプレイヤーサポートまたは  Discord までご連絡ください。 一般的な質問   『Bloodhunt』はどんなゲームですか? 『Bloodhunt』は三人称視点、基本プレイ無料のバトルロイヤルです。舞台と...

機密保持契約が存在せず、ご自由に配信、ツイートなどが可能と書かれています。あくまでcαテストでの答えですが、正式サービススタート後についても規約が出されるのではないでしょうか。

最近、独自のバトルロワイヤルゲームを出そうとするところが増えてきているように思えます。こちらの会社では吸血鬼を題材にしたゲームの様です。

Frictional Games

代表作:

  • SOMA
  • Amnesia

ビデオコンテンツの取り扱いについてのページが存在します。

Security check

ホラー系のタイトルが多いので実況向きの作品が見つかるかもです。

SCS Software

代表作:

  • Euro Track Simulatorなど

プレスに張られているリンク先に規約が書かれたpdfファイルがありました。

プレスページ

Press | SCS Software
Press SCS Software

規約の書かれたpdf
https://eurotrucksimulator2.com/ets2_content_sharing_licence.pdf

トラックシミュレーターを制作されている会社です。ホームページを見ているとトラックに対する情熱がすごいです。

private division

代表作:

  • kerbal space program
  • アンセスターズ

kerbal space proglamの収益化について

公式サイトQ&Aページにてkerbal space program の収益化について触れられています。

FAQ – よくあるご質問 – Kerbal Space Program

海外のゲームのパブリッシャー様です。非常にシビアなロケットシミュレーションゲーム、kerbal space program や、猿の進化を体験するアンセスターズなどがあります。

アクションゲームなども販売されている様子?

PROJECT MOON

代表作:

  • Lobotomy Corporation

作品ごとにガイドラインを用意しているようです。

Lobotomy Corporation ガイドライン

Lobotomy Corporation | Monster Management Simulation - Secondary creation and Employee appearance change MOD guide - Steam News
1. Secondary creation guide We have received a lot of additional inquiries to reinvent the detailed Guide. We want to have the second creative outlet of Lobotom...

THQNORDIC

代表作:

  • Wrekfest
  • MANEater
  • Destroy All Humans!など

ガイドラインページが存在します。

Video Policy | THQ Nordic GmbH

また個別に告知することもあるようです。

Biomutant(バイオミュータント)の個別のガイドライン告知

5/24に発売となりました、ケモノを操作キャラとするオープンワールドアクションゲームです。

動画投稿ガイドライン(2021年5月24日更新) - Biomutant

互いの車を破壊しながらレースするWrekFestなどのタイトルを発売されています。

アクション要素の強いゲームが多いようです。

Focus Home Interactive

代表作:

  • Farming Simulator 19
  • Snow runnner

農業や泥や雪などの悪路を走るトラックなどのシミュレーターのゲームや、様々なアクション、ストラテジーゲームをパブリッシングされています。出されているゲームの幅が広いようなので、調べてみると面白いゲームが見つかりそうです。こちらの規約はyoutube関連の規約となっているようです。

Supergiant Games

代表作:

  • HADES
  • Transistor など

ドット風の斜め上視点からのアクションゲームをよく提供されている会社です。

規約では、ゲームごとに販売サイトへのリンクを張ってほしいなどの注意があります。

IGG

代表作:

  • ロードモバイルなど

配信ガイドラインが存在します。

動画配信ガイドライン

スマートフォン向けのゲームを配信されている会社です。2021年3月ごろにガイドラインページが作成されたようです。

こちら、記事作成時にはロードモバイルのページにのみ存在するリンクなのですが、内容的にはigg全作品を対象にしているようにも取れます。

I GOT GAMES - Global Free Online Games Portal
Your portal to IGG's games.

NEXON (ネクソン)

代表作:

  • Counter Side
  • メイプルストーリー
  • アラド戦記

タイトルごとに配信に関する規約ページを用意するようです。

COUNTER: SIDE(カウンターサイド)

2021年9月30日より先行体験を予定している、ios・Android・Windowsを対象としたRPGです。まだゲーム内容はよくわかりませんが、興味のある方は先行体験へ応募してみるといいかもしれません。

「CounterSide」著作物利用ガイドラインにて、ゲーム配信へのガイドラインが告知されており、収益化などにも触れられています。

他プレイヤーと関わることがあるゲームなためか、他プレイヤーのIDなどを悪意を持って配信するようなことに対してはガイドライン適用されないなどの配慮もされているようです。

「CounterSide」著作物利用ガイドライン

https://m.nexon.com/notice/get/1?client_id=MjcwMA

古くから日本でもMMORPGなどのオンラインゲームの提供をしている会社です。

NetEase

代表作:

  • iidentifuV
  • 荒野行動

タイトルごとに個別にガイドラインを出すようです。

identifuV

追いかけっこを題材にしたホラー風の非対称型対戦ゲームです。以前からこのガイドラインが出されていたのかは不明ですが、5/25に更新がありました。

二次創作ガイドラインにてゲーム実況について触れられていました。

IdentityⅤ第五人格 二次創作ガイドライン(2021/5/25 16時30分アップデート)
Identity V (アイデンティティⅤ)は中国NeteaseGamesが開発した非対称対戦型マルチプレイゲームです。ゴシックなグラフィック、グロテスクな表現、そしてミステリアスなストーリーが、プレイヤーにかつてない刺激をもたらしてくれるでしょう。

スマートフォンなどでもプレイできる対戦ゲームをよく出されている会社です。

Annapurna Interactive

代表作:

  • フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと など

会社として配信ガイドラインを出しているわけではないようですが、作品ごとに規約を出しているようです。

フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと:配信ガイドライン

フィンチ家という家の謎を追う、アドベンチャーゲームです。発売自体は結構前の作品ですが、今更ながらSteamの方にガイドラインを見つけましたので紹介します。

General Edith Finch FAQ :: What Remains of Edith Finch General Discussions
What’s this game about? It’s a collection of playable short stories about a cursed family in Washington State. Each story follows a different family member and ...

独特な雰囲気のアドベンチャーゲームを販売されている会社です。

Hellogames

代表作:

  • no man’s sky(ノーマンズスカイ)

以前は会社を代表したページがあったのですが、HPリニューアルの際に消えてしまったようです。各タイトルごとに書く方針に移行したのかもしれません。

no man’s sky エンドユーザーライセンス

End user licence agreement - No Man's Sky
END USER LICENCE AGREEMENT ISSUED BY HELLO GAMES LTD FOR “NO MAN’S SKY” Last updated: 25 January 2019 1. INTRODUCTION 1.1 These are the terms and conditions (th...

無限とも思えるぐらいに広がる自動生成の宇宙を探索する、ノーマンズスカイについては規約のページがありました。ほかのタイトルについては不明です。

NPIXEL

代表作:

  • グランサガ(Gran Saga)

タイトルごとにガイドラインを出すようです。

グランサガ(Gran Saga)

NPIXELよりサービス開始を予定、現在事前登録募集しているアプリゲームです。ゲームシステム、物語、グラフィック、サウンド。その全てに魂を込めた超本格RPGとのことです。

二次創作ガイドラインでプレイ動画について触れられています。

二次創作に関するガイドライン

公式サイトはこちら

収益化については厳しいかもしれません。

おまけ:規約ページなどの探し方

おまけですが、自分が規約などを探す際の手順を記しておきます。まずホームページを見ます。全体的に、ホームページの端っこの方(傾向的には下の方が多い)にかかれていたりリンク先が置かれていることが多いです。Q&Aコーナーの一角に入っている場合も多いのでその辺も見てみるといいかもしれません。

見つからないときは下の方法で検索してみます。

国内メーカー

”著作物利用規約”や”配信ガイドライン” + 会社名などで検索すると見つけやすいです。

海外メーカー

規約ページを検索する場合は、”video policy” や “let’splay” + 会社名などで検索すると見つけやすいです。

会社がdiscordのサーバーを開いていることも多く、discordのサーバー内で、確認を取られているケースもたまに見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました